七五三の祝について

七五三は数え年三歳と五歳の男の子 三歳と七歳の女の子の成長を感謝して氏神様にお参りする行事です。
期限は室町時代と言われています。
元々は関東地方の風習として始まりました。
徳川綱吉の子供(徳松)がこの日に祝事を行ったのが始まりともいわれています。

三歳の祝は髪置きの儀という武家作法からはじまりました。
五歳の祝は袴着の儀と言われています。吉方を向きながら左足から袴を履きます。
七歳は帯解きの儀と言われています。この日から正式に帯を結びます。